20172018年度 2670地区ガバナー方針

"クラブの特性を生かそう”

Governor photo

 

 

 

 

 

 

 

国際ロータリー第2670地区

ガバナー 柳澤 光秋

 

 



 国際ロータリー第2670地区は四国四県、それぞれが独自の特長を持つ74クラブで構成されています。日本全国34地区で、4つの県で地区を構成しているのは第2650地区と当地区だけです。 

当地区は19967月に、会員数3,907人と最高数になりました。クラブ数は2005年に75クラブとなりましたが、翌年から現在の74クラブです。以後、会員数の減少が続き2011年には3,000人を割り、増減しながら3,000人前後の会員数が続いています。

私は、ロータリアンはI  serve「四つのテスト」に基づき、背伸びせず自分のできることを実行することにあると思います。四国四県の各地域に根付いたクラブは、その地域の状況に応じた寄与できうる事業を計画し、それを実行してきており、各クラブそれぞれが誇るべき歴史と長所を維持しております。今後は超少子高齢化社会、地域社会の衰退の厳しい時代状況が予想されます。

それを乗り越えるためにも、201718年度の私のテーマを「クラブの特性を生かそう」とします

 

●優先項目

ロータリークラブはロータリー戦略計画で3つの優先項目を目標としています。

1.クラブのサポートと強化

さまざまな考え方や経験をもつ会員がいれば、クラブに新鮮なアイデアがもたらされ、地域のニーズを幅広い角度から理解できます。クラブが地元や世界に変化をもたらすには、会員の積極的参加を促し、そのスキルと関心を生かし、会員の声をクラブの未来に反映させていくことが大切です。

クラブの会員基盤を広げ、多様な会員を増やし、積極的な参加を促しましょう。

女性会員、40歳未満の会員の増加を目標に、会員数50人以下のクラブは少なくとも1人、会員数51人以上のクラブは少なくとも2人の純増の達成をすること。

2.人道的奉仕の重点化と増加

地元や海外での奉仕プロジェクトを通じて、クラブは世界的な人道的問題に取り組みます。これには、平和の推進、疾病との闘い、水と衛生、母子の健康、教育の支援、地元経済の発展、環境保護、ポリオ撲滅などが含まれます。                                                                                                                                                                     

ロータリアン、若い世代、ロータリー学友、一般の人びとに、ロータリープログラムや重点分野の活動への参加、およびロータリー財団への寄付を呼びかけ、地元や世界に変化をもたらしましょう。

3.ロータリー公共イメージと認知度の向上

公共イメージが良くなれば、クラブと地域社会との関係も良くなり、入会への関心も高まります。地元や世界に変化をもたらすクラブの活動について魅力あるストーリーを伝えることで、地域社会でクラブの公共イメージを良くし、ロータリーへの認知度を高めましょう。

 

●目的(綱領)

イアンH..ライズリー国際ロータリー2017-18年度会長のテーマは「ロータリー:変化をもたらす」です。ポール・ハリスは「ロータリーがしかるべき運命を切り開くには、常に進化し、時には革命的にならなければなりません」と述べている。ロータリーは時代に追いつき、適応し、将来に備えねばならないとするが、親睦・高潔性・多様性・奉仕の中核的価値観はロータリーの基本です。

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

 

●規定審議会

2016410日から15日にかけて、アメリカシカゴで、3年に1回招集される国際ロータリーの規定審議会が開催されました。この規定審議会後、ジョン・F・ジャームRI会長は「潮目が変わった」と発言。創立以来積み上げてきたロータリーの様々なルールが、急激な社会変化に対応できるルールに改定されたことです。

制定案117件・決議案64件の計181件が審議され、制定案47件・決議案14件の計61件が採択されました。クラブ運営に大幅な柔軟性を認める決定となりました。会員数の減少や会員平均年齢の高齢化などの問題に対応するため、クラブの構造と運営、会員資格、職業分類についての新しい改革です。

20167月1日から新しい規定が有効となりましたが、標準ロータリークラブ定款を変更するものでなく、従来と同じ方法を維持することは可能であり、変更する場合はクラブ細則を修正する必要があります。

 変更事項概要の要点を簡略に列記します。

1.入 会

会員身分の条件がすべて削除され「善良さ,高潔さ、リーダーシップを持って示し、職業上および地域社会で良い評判を受け、世界において奉仕する意欲のある成人によって構成されるもの」とし、以前より厳しい基準となりました。

入会金は廃止となりましたが、各クラブの裁量で徴収することは可能です。

2.例 会

例会の曜日と時間、例会の変更または中止、社会行事を例会とみなす、出席要件を満たさなかった会員の終結に関する方針変更、Eクラブとの折衷案としての関係でのオンライン出席などは、クラブ細則で定めた規定によるクラブ裁量権としました。ただし、最低1か月に2回は例会を開催しなくてはならないし、毎月、出席報告をガバナーに提出することが必要です。

3.出席免除

一つまたは複数のロータリークラブの会員歴と会員の年齢の合計が85以上の場合、一つまたは複数のロータリークラブで少なくとも20年以上の会員歴がある場合、クラブの裁量により出席免除が可能となりました。

4.ローターアクターとの関係

ローターアクターとロータリー学友に、二重会員となるもロータリークラブ会員となる資格を与える。510%ルールは維持。

5.人頭分担金

201718年度人頭分担金賀60ドル、201819年度64ドル、201920年度68ドルと、毎年4ドルずつ増額が決定。

 

●奉仕活動

地区内奉仕の基本として個人生活、社会生活、職業生活において利己的欲求は最小限にとどめ、常に最大利他の究極を求めようとするロータリーの奉仕哲学です。

ロータリーの標語、「超我の奉仕」「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」ですが、奉仕の意味が問題になります。「決議2334」が重要です。奉仕の理念、活動の指針、奉仕活動の実践について決議し、個人の奉仕を原則とするも、団体の奉仕活動を認めています。今後、潮目が変わった時代を迎えての対応に、認められているクラブの自治権、裁量権が役立ちます。

 

●戦略計画

国際ロータリーの会員数は増加し続け、1996年には120万人に達しました。ロータリーの会員数とクラブ数の増加に対応するため、地区組織の効果的運営のために、1997年、RIはDLP(地区リーダーシッププラン)を採択することになりました。第2670地区は200102年度からDLPを採用し、それまでの分区代理制度を変更して、ガバナー補佐制度を導入しました。

その後、会員数は横ばい状態で増加せず、会員数が増加するか減少するかの二極化となり、会員数減少の地区ではクラブ数の減少をきたしています。新たな対応として、200411月、RIはDLPの延長としてCLP(クラブ・リーダーシップ・プラン)を導入することになりました。DLPは世界の全地区が採用しなくてはならないRIの強制的な地区組織の管理制度ですが、CLPは各クラブの裁量に任せられた制度です。クラブの組織と活動を簡略化するのでなく。特色があり魅力あるクラブにすることです。CLPの採用は、今までの単年度計画の活動方針を変更し、長期計画を立案することです。

2007年、3年毎の計画となる「RI戦略計画」、日本語訳「国際ロータリーの長期計画」が発足しました。「戦略」の使用に躊躇したため「長期」と訳しましたが、2010年からは時代の流れで「戦略」と名称を変更しました。

2016年度から第2670地区は「長期ビジョン検討委員会」が「長期戦略委員会」と名称を変更しました。地区だけでなく、各クラブが戦略計画委員会を立ち上げ、今までのクラブの実績、クラブの現状、将来の予測をし、どの様な計画が効果的か検討する必要があります。クラブ単独でなく地区全体としての長期計画も必要となるかもしれません。これは今後の課題で、第2670地区全体の長期奉仕活動を検討する必要があります。現状を確認し、計画を策定し、計画を実行するのに3年から5年が必要と認められています。

ロータリー戦略計画として「クラブのサポートと強化」「人道的奉仕の重点化と増加」「公共イメージと認知度の向上」をあげ、親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップをかかげています。地区内でもCLPを推進したいと思います。

 

●会員増強

国際ロータリーは、201671日現在、全世界201カ国と地域に35,399クラブ、会員総数1,207,913人です。1956年は約40万人でしたが増加し続けて、1996年に120万人を超えるも、それからは横ばい状態が続いています。会員数が減少している国は、アメリカ、日本、イギリス、オーストラリア、カナダで、増加し続けている国は、インド、韓国、ドイツ、台湾、ブラジルで、ゾーンでの会員数における国の割合に、変化がおきています。

201611月末現在の日本は、クラブ数2,273、会員数89,968人、第2670地区は、クラブ数74、会員数3,040人です。

RIは2004年の規定審議会で、クラブ数30未満の地区、会員数1,000人未満の地区はゾーンを変更することを認めました。また、全世界にある34ゾーンの見直しをしています。会員数約35,000人が一つのゾーンの単位で、6月末の会員数でゾーンを決定します。日本の会員数約13万人の時代と比較すると会員数約9万人と減少している現在、ゾーン再編の対象となり、RI理事会における日本人理事数3人が減少する可能性が高くなります。RIでの日本の発言力や立場を維持するためにも、会員数の増加が大事な問題となります。

都会の某クラブは、2015年創立なのに会員が急増し131人となり、5年後の会員数は500人を目標としているとのこと。地域の制約がありますが、入会条件に柔軟性をとりいれた改正を利用することにより、会員増加を図ることができ易くなりました。例年6月末の退会者が大人数で、如何に退会者をくいとめるかが重要です。クラブを存続し続けるためにも、やはり会員数の維持、会員増強が必要です。

 

●財団

ロータリー財団の使命は

1.健康状態を改善する

2.教育の支援を高める

3.貧困を救済する

 

201617年度にロータリー財団は100周年を迎えました。時代に応じたロータリー財団に変化するために、201314年度に「未来の夢計画」を立ち上げました。これによりグローバル補助金を新設し、年間を通じて申請可能となりました。地区補助金は、クラブ計画・申請・承認がすべて前年度に行われ、分配率と使用内容が変わり、補助金が大幅に増加しました。

20161113日  201718年度補助金内容検討委員会開催

2016124日  201718年度補助金管理セミナー開催

20161210日  201718年度補助金管理セミナー開催

この補助金管理セミナーの出席は、「補助金制度」参加が資格認定の条件ですので、該当する会長・幹事・財団委員長は出席が必要です。

財団に寄付を施行していますので、面倒な手続きですが申請をし、補助金を自分たちのお金として地域活性化のためにも充分に利用することが肝心です。ただ、漫然な活動だと今までの補助金配布の見直しなどがあり、単年度でなく長期戦略計画による活動方針をたてることなど、これからの今後の方向性を決めなくてはなりません。トランプ米国大統領になりますので、補助金はドルによる決済のため為替の変動が影響します。

グローバル補助金による留学生については、ロータリー奨学生の申請の資格なき者の条件、海外に制限された留学などについて、今後、柔軟性を取り入れた運営を検討する必要があると思います。

活動の一つであるポリオについて、「ロータリーの友」201611月号をぜひお読み下さい。これを読むだけでポリオについて殆どすべて理解することが出来ます。201611月2日現在、戦乱が続いているシリア、イスラム圏は不明ですが、ナイジェリア4例、アフガニスタン9例、パキスタン15例の28例が発生数です。ポリオ対策が必要です。

 

●国際奉仕

ロータリー青少年交換プログラムは、長年に渡り実績を挙げている活動で、これからも実行を続けるべき活動です。RIは2005年、青少年交換プログラムにおける虐待およびハラスメント防止のため危機管理の対応を義務づけました。RIの方針は、ゼロ容認方針です。危機管理対策、損害保険に関わる問題処理のため、2007年にNPO法人国際ロータリー日本青少年交換委員会(RIJYEC)を設立しましたが、このNPO法人が問題で、法律的な制約・欠陥があり、現状では法律的に可能ですが、正式な手続きを取る必要がでてきます。第2670地区として、201516年度に危機管理委員会が設置されましたが、未だ活動しておりません。

国際ロータリー青少年交換プログラム50周年を契機に、20156月、国際ロータリー青少年交換プログラムの発展と社会奉仕等を目的とする全国組織として、RIJYECも望んでいた一般社団法人ROTEXが創立しました。すべての交換学生と賛同した人が会員です。これからの活動を期待されます。

1.長期交換

通常1年間のプログラムで、交換学生は2つ以上のホストファミリーと生活を共にし、学校に通学することを義務付けられています。長期交換委員会では数次にわたるオリエンテーション、派遣先の決定、選考試験など重要な任務をこなしていただいています。

長年に渡るアメリカ・オーストラリアとの長期交換派遣留学生の活動実績、将来を担うことになる青少年のためにも、長期交換委員会の活躍を期待し、応援します。

2.短期交換

このプログラムは学校が休みのときの期間中に行われ、通常学業は含まれません。長期交換委員会と同様に数次にわたる委員会が繰り返し行われ派遣学生が決定されております。

1978年、アメリカニュージャージー州北部RI7470地区との夏休みを利用しての学生交換ホームステイプログラムが始まりです。以来、2,000人以上の学生などが参加。RI7470地区との協定で、相互交換はリーダーを含め30人以内、期間は約3週間。非常に人気があり、短期交換委員会の活躍を期待し、応援します。

 

●青少年

1.インターアクトクラブ

目的は、「奉仕と国際理解に貢献する世界的有効精神の中で相共に活動する機会を青年男女に提供することにある」としています。

1218歳までの青少年が、学校あるいは地域社会を基盤として奉仕活動をするクラブで、2016年7月3031日に、今治市でインターアクトクラブ年次大会を開催しました。支援クラブと共に応援します。

2.ローターアクト

1830歳の青年男女が、スポンサーとなるロータリークラブの支援を受け奉仕活動をするクラブで、インターアクターを継続するものとして発足。2016112627日に、高知市で国際ロータリー第2670地区ローターアクト地区内交流会を開催しました。支援クラブと共に応援します。

3.ライラ

1979年に第2670地区と第2680地区が共同して第1回のセミナーを開いて以来、毎年、小豆島にある神戸YMCA余島野外活動センターで開催しています。20歳以上の受講生が、34日、非日常的な自然の中で、議論をし、友情を深め、自信と自尊心を育成するシステムです。受講生は、日本の将来を担う指導者に成長します。第2680地区と共に応援します。

 

●米山奨学生

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会で、1952年、東京ロータリークラブが米山梅吉翁の功績を記念して開始した国際事業です。2016学年度の奨学生数は750人、第2670地区は17人。2017学年度は740人、2670地区は19人。今までに、124の国と地域から計19,197人の奨学生を支援しました。第2670地区は累計441人。2016学年度の事業費は約126億円、寄付金は約16億円、資産約85億円です。

普通寄付金一人6,000円、特別寄付金一人10,000円、クラブ創立記念事業での特別寄付、米山功労者の輩出増(クラブ会員10%以上)が目標です。

これからも応援します。

 

●今後の課題と公式訪問について

2670地区の将来を考えると、ガバナー事務所の毎年の持ち回り、四国四県の連絡の不都合など改善を考慮すべき点があります。四県の合同事業としてまず思いつくことは「四国八十八箇所霊場と遍路道」の世界遺産登録運動があります。空海曰く「慈悲を以て本とし、利他を以て先と」。RC100周年時の200405年度に、第2670地区は10大記念事業として「四国八十八箇所遍路支援」を指定しました。これについては、私はお四国を3回巡りましたので、四国四県がそれぞれ素晴らしい国であり、清らかで豊富な水の流れの大河があり、山高く谷深く長い年数を重ねた大木の森林、奥深い素晴らしい自然を懐に持つ一つの国、守らなくてはならない国であることを実感しています。時間をかけ、意義ある四国四県の事業を計画しましょう。

この7月から四国四県74クラブをガバナーとして公式訪問しますが、各クラブにはそれぞれの独自の誇りとする長所があり、各クラブには良き歴史の流れがあります。私はそれを尊重し、各クラブの自治権や社会奉仕活動に対する方針を優先します。公式訪問は、ロータリーを学ぶ機会にしたいと思います。

アーサー・F・シェルドンは、「真のロータリアンは楽観的」とし、「奉仕の道を選ぶことにより、明日は今日よりはるかに良くなるに違いない」と述べた。

ガバナー一人では何も出来ません。皆様の支援、協力があって出来ることです。パストガバナー、ガバナー補佐、地区委員長、地区委員、ロータリアンの皆様、高知東ロータリークラブ会員、ガバナー事務所の皆様、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

国際ロータリー第2670地区

ガバナー 柳澤 光秋

Copyright(C)2002
Tokushima Rotary Club All Rights Reserved