徳島R.C.事務局
徳島県徳島市万代町3-5-1 徳島グランヴィリオホテル内
TEL:088-611-5717
お問い合わせはメールでお願いします
info@tokushimarc.gr.jp

組織表 委員会

SAA会場監督

 元来英国の王室と議員(下院)での慣用語して使われ「守護官」を意味しているSAA。徳島ロータリークラブでは、例会をはじめ、すべての会議が伝統を重んじ秩序正しく運営されるよう、常に心を配ってまいります。

 特に毎週の例会は、報告と卓話、会員間の交流など多くの意味合いを持っており、これらを余すことなく限られた時間の中で適切に行っていく必要があります。密度が高く、何よりも楽しんでいただける例会を運営できるよう努力していきます。

長期戦略計画委員会

 長期戦略計画委員会は、ロータリー活動において、単年度の短期的な運営、方針ではなく長期的な視点に立って、徳島ロータリーの活動のあり方について検討していこうという委員会です。従ってロータリーの根本的な課題を委員会の皆さんとじっくり時間をかけて検討していきたいと考えております。ロータリー活動も時代と共に少しずつ変遷してきております。また、各々所属クラブにおいてもそれぞれ独自の運営をしているところもあるやに聞いております。我が徳島ロータリーも会員の皆さんが、疑問に感じている点や今の時代に合わないような不合理な所があるようであれば提案・改善していくべきであると思います。会員の皆さんでおかしいと疑問に感じることや直して欲しいと思うような所があれば是非教えて頂きたいと思います。委員会は年に数度、会を開催し、メンバーと議論し改善に取り組んでいきたいと思います。

クラブ奉仕委員会

 斎藤会長の方針「ENJOY ROTARY」は孔子の「これを知る者はこれを好む者にしかず。これを好む者はこれを楽しむ者にしかず」につながる素晴らしい方針だと思います。
 この考えをもとに各委員会の縦糸と横糸をつなげながら徳島RCの友愛をはぐくむお手伝いをしたいと思います。徳島RCが心から楽しめる活動をご一緒に考えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

出席委員会

 例会への出席は重要なロータリー活動であり、会費の納入、「ロータリーの友」の購読と共に、ロータリアンとして行う三大義務のひとつに数えられています。例会へ出席することで会員相互の親睦は深まりますし、多岐に渡るロータリー活動についてより理解することもできるのです。
 また、出席率については以下のような定めがあります。
 1)年度の前・後期において、本クラブの例会総数のうち、それぞれ30%以上出席
 2)年度の前・後期において、メークアップを含め通算出席率50%以上出席
 会員の皆様におかれましては、本クラブの例会へ最大限ご出席いただけますようお願い申し上げます。やむなくご欠席なさる場合でも、徳島市内9クラブが月曜日~金曜日に例会を開いておりますので、メークアップ制度を活用し出席率の向上にご協力いただけますよう、併せてお願い申し上げます。

クラブ会報委員会

 当委員会では、クラブの活動状況や今後の予定等を会員の皆様にタイムリーにお伝えするため、クラブ会報を発行してまいります。
 役員・各会員皆様の相互の理解を深めるのに役立つ内容、読み易くかつコンパクトな内容となるように工夫しながら取り組んでまいりたいと思います。
 皆様からの寄稿・情報提供をお待ちしております。

親睦委員会

 当委員会の目的は、1、会員相互 2、来訪者 3、他クラブ 4、家族 に対する親睦を目的としていますので委員会が一丸となり下記の親睦活動を目指します。

  1. 新入会員が打ち解けられるよう、気配りをしていきます
  2. 他クラブからもメークアップに行きたいと思って頂けるような温かくそして魅力のある雰囲気作りをしていきます。
  3. 親睦委員になって良かったと思って頂ける為に、親睦委員自身が楽しみながらも皆様に喜んでいただけるような企画を実施していきます。
  4. 家庭を支えて頂いているご家族への感謝の気持ちをお伝えできるような家族会にしていきます。

 以上、次の世代になっても、喜んで継承して頂けるような徳島ロータリークラブで在り続けられるよう活動していきます。
 会長、監事、皆様のご指導ご協力を宜しくお願い致します。

会員増強委員会

 会員数の目標を87名として、今年度は斎藤会長のもと、魅力ある多様な会員の積極的な増強に努めていきます。また、既存会員の維持のために、事業継承により脱会される会員、または継承者へのフォローも行っていきます。その他、他クラブとの情報交換などを図り、様々な会員増強にチャレンジしたいと考えています。
 皆さまが持つ人脈、多彩なリソースを活かし、徳島ロータリークラブに相応しいと思う方のご推薦を頂けますようお願いいたします。

プログラム委員会

 当委員会は、各委員会と連携しながら例会プログラムの企画・調整を担当いたします。
 各委員会にお願いする卓話者推薦の要領は下記の通りです。

  1. テーマは各委員会のテーマに限定せず、自由にお選びください。
  2. ご担当いただく日程をご確認の上、4週間前の例会日までに卓話者のお名前を、3週間前までに演題とプロジェクターの準備の有無を当委員会までご連絡ください。また、パソコンを使用する場合は卓話者ご自身でご用意下さい。
  3. 上記に関わらず、卓話者推薦が難しい等の場合には、できるだけ早め(卓話の2か月前までを目処)にプログラム委員会にご相談下さい。
  4. 可能であれば卓話者にレジメ(様式は問いません。数行程度のごく簡潔な要旨でも助かります)を作成し、当日持参していただくようご依頼をお願いします(広報誌用)。
  5. 例会当日は、開始の10分前(パソコン・プロジェクターを使用しない場合は5分前)までに卓話者を例会場にご案内いただくとともに、卓話の冒頭に卓話者のご紹介をお願いします。

 各委員会と連携しながらユニークなゲストの選定に努めて参りますので、皆様のご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

広報IT・雑誌委員会

 当委員会は、以下の3項目について活動していきたいと思っております。

  1. ロータリークラブの奉仕を広報するための計画・立案・実行し、地域社会や世界のニーズに取り組むロータリーの活動を多くの人々に知ってもらう。
  2. ITを使って会員とメディアに最新かつ的確な情報を提供する。
  3. ロータリー会員向けサイト(My ROTARY)への登録促進を図る。

 会員の皆様方のより一層のご協力・ご指導を宜しくお願いします。

職業奉仕委員会

 ロータリアンには、自分の職業を通じて社会に奉仕することが求められています。
 次の事項について実行いたします。

  1. 常に「四つのテスト」を基準として行動するように心がける
    ・真実かどうか
    ・みんなに公平か
    ・好意と友情を深めるか
    ・みんなのためになるかどうか
  2. 自分の職業以外に他の委員の職業の実情を学べる機会を持つため、職場訪問例会を持つ
  3. 職業奉仕にかかわる卓話者依頼、また新入会員を中心に卓話にて職業について話す

社会奉仕委員会

  1. 嗚門市大麻町にある知的障がい者更生施設「草の実学園」への奉仕。
    クラブの大先輩である、漆原徳次郎氏が、昭和39年に創設された施設であり、半世紀を超えて、支援し続けてまいりました。毎年4月29日に開催される、草の実祭りは、50年の間に、友愛の輪が広がり、大勢の方々の参加を頂く大変大きな祭りとなりました。特に、友愛コーナーは人気のスポット、ロータリアンはじめ多くの方々から協力された寄贈品のバザーに人が集まります。阿波踊り、音楽の演奏、お茶席、絵画展、餅つき、施設の入所者の作品展(藍染など)、どの会場も、人で溢れる。
    会長、幹事、社会奉仕委員長はじめ会員や家族に参加を呼びかける。

  2. 国際麻薬乱用撲滅支援事業である「ダメ、ゼッタイ」晋及運動の趣旨に賛同し、年度はじめの週に、クラブ会員から提供された寄付金を徳島保健所を窓口に国連へ寄付する。

青少年奉仕委員会

 当委員会は、時代を担う青少年が自己の研鑽に当って知識や技術を高めていく取り組や、それぞれの地域ニーズに対して地域との交流を積極的に取り組んでいこうと考えています。そのため、本年度も親睦と奉仕活動を通じて以下の支援活動を行っていきます。

  1. 健全な青年育成ビデオを徳島市教育委員会に寄贈する。
  2. RYLAセミナーへの参加を積極的に募集し、参加する。
  3. 徳島市女子小学生バレーボール大会へ「徳島ロータリー杯」の表彰と協力を行う。
  4. 青少年奉仕団体との交流を図る。

環境保全委員会

基本方針
 徳島県脱炭素社会の実現の実現に向けた気候変動条例(すだちくん未来の地球条例)に対応し、温室効果ガス削減目標を達成できるようクラブをあげて応援します。

  1. 「公益社団法人徳島森林づくり推進機構」の森を守るパートナーシップづくりへ積極的に参画し、社会奉仕活動へつなげていきます。
  2. 徳島県環境首都課の協力を得て、環境問題に関する情報提供(卓話、刊行物)を展開します。
  3. とくしまエコパートナー協定締結を目指します。

国際奉仕委員会

 ロータリークラブにおける国際奉仕の目的は「ロータリアンのあいだに、又、一般の人々とのあいだに理解と善意をはぐくむことがロータリーの国際奉仕の明確な任務である」とあります。
 この旨を具体的に遂行する活動は、より多くの青少年の方々に国際人として感覚を養い、より平和でクリエイティブな新世代の国際理解を構築することにあります。

 我々ロータリークラブは、その一助となれる場として「短期交換ステイプログラム」と「長期交換プログラム」に取り組んでいます。
「短期プログラム」は米国ニュージャージー州北部R1740地区に3週間ホームステイし、国を超えた友情をはぐくむ活動で毎年30名以上のご参加をいただいております。
「長期プログラム」は一年間のプログラムで両国お互いの文化風習を学び、とけこむ為に現地ホストファミリーと生活を共にし、現地学校にも通学する義務の下、真の国際人育成の場となっております。

 来期に向け、両プログラムの交換留学生の応募も受け付けております。
 我々ロータリアン自身、また、その次世代の青少年のなお一層の成長の為にクラブ員皆様のより一層のご協力をよろしくお願い申し上げます。

ロータリー財団委員会

 ロータリー財団の使命は、ロータリアンが人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにする事です。
 また、ロータリー財団は非営利財団で、ロータリアンをはじめ、より良い世界を築こうというビジョンを共有する財団支援者の方々からの自発的な寄付のみによって支えられています。
 ロータリー財団委員会では、財政的寄付と財団の様々なプログラムへの参加の両面から、ロータリー財団を支援するための計画を立案、実施します。会員の皆様のご理解とご協力をお願いします。

  1. 財政的支援:人あたり平均100ドルの支援を目標とします。
  2. 国際親善奨学金候補者を指名したり、研究グループ交換チーム(GSE)を受け入れたりすることにより、財団教育的プログラムへの参加を促進していきます。
  3. ロータリー財団月間(11月)には、例会を活用しRI財団についての会員の理解を促し、活動への積極的な参加を奨励します。
  4. 合計10,000ドルの寄付を目指します。
  5. 徳島市の各学校児童および生徒たちの健全育成や非行防止のために、教育用DVDを教育委員会に寄付します。

米山奨学委員会

 米山奨学事業について学び、推進していきます。
【目的】わが国の正規の学校または研究機関に在籍する外国人留学生に対して奨学金を支給し、彼らの留学の目的を支援するとともに、ロータリーの理想とする、国際理解と親善に寄与すること。

【事業内容】

  1. 奨学金の支給
  2. 世話クラブとカウンセラー制度
  3. ロータリアンと奨学生との交流
  4. 国内外の学友会活動

 普通寄付 一人1万円×85人=85万円
 特別寄付目標 80万円
 
 カウンセラーを中心に徳島ロータリークラブとの交流会をもつ10月の米山月間において、2名の奨学生の卓話および奨学会への理解を深める内容を発表します。
 また、奨学生の地区大会への参加協力をします。

国際ファンド委員会

 世界社会奉仕活動は英語で World Community Service と記され、WCS活動と称されます。国や行政が地域社会のニーズを満たせない発展途上国や開発途上国でロータリークラブも資金の制約等で奉仕活動が実践できない場合に、援助を海外の地区やクラブに求め、2か国以上が協力して奉仕活動を行うのが世界社会奉仕活動です。
「人よりいささか運が良くて多くの恩恵に浴している身を感謝しつつただその性の拙さに泣くしかいかんともし難い者への一掬の涙を注ぐこと」に世界社会奉仕の意義があると思います。
 当委員会では、国際奉仕委員会と連携を強化など、WCS地区委員会が推進するプロジェクトに積極的に参加し、国際理解や親睦を一層深めていきたいと考えています。