徳島R.C.事務局
徳島県徳島市万代町3-5-1 徳島グランヴィリオホテル内
TEL:088-611-5717
お問い合わせはメールでお願いします
info@tokushimarc.gr.jp

組織表 委員会

SAA会場監督

 新型コロナウイルスへの感染対策を第一に、例会を毎週開催できるよう取り組んでいきます。そして会長、幹事、各委員会メンバーと情報を共有しながら例会をスムーズに進行し、会員増強していく上で新入会員の方にも例会を楽しいものと感じていただけるよう努力していきます。

長期戦略計画委員会

 長期戦略計画委員会は、ロータリー活動において、単年度の短期的な運営、方針ではなく長期的な視点に立って、徳島ロータリーの活動のあり方について検討していこうという委員会です。従ってロータリーの根本的な課題を委員会の皆さんとじっくり時間をかけて検討していきたいと考えております。ロータリー活動も時代と共に少しずつ変遷してきております。また、各々所属クラブにおいてもそれぞれ独自の運営をしているところもあるやに聞いております。我が徳島ロータリーも会員の皆さんが、疑問に感じている点や今の時代に合わないような不合理な所があるようであれば提案・改善していくべきであると思います。会員の皆さんでおかしいと疑問に感じることや直して欲しいと思うような所があれば是非教えて頂きたいと思います。委員会は年に数度、会を開催し、メンバーと議論し改善に取り組んでいきたいと思います。

クラブ奉仕委員会

 今年度も引き続き新型コロナ禍の中、まだ先行き不透明な状態が続いております。会員の安全を最優先に考え、感染の拡大が見込まれるときは、例会、夜間例会、各種活動等に対して𠮷岡会長と前田幹事に相談しながら、臨機応変に対応していきます。必要によっては、新たな開催様式や各種活動に工夫した取り組みを考えていきたいと思います。
 今年一年間、安心してロータリー活動ができるよう、ご協力の程よろしくお願いします。

出席委員会

 例会への出席は、重要なロータリー活動であり、会費の納入、「ロータリー友」の購読と共に、ロータリアンとして行う三大義務のひとつに数えられています。例会へ出席することで会員相互の親睦は深まりますし、多岐に渡るロータリー活動についてより理解することもできるのです。
 また、出席率について以下のような定めがあります。
 1)年度の前・後期において、本クラブの例会総数のうち、それぞれ30%以上出席
 2)年度の前・後期において、メークアップを含め通算出席率50%以上出席
 コロナ禍の中大変厳しい状況ではありますが、会員の皆様におかれましては、オンライン参加も含め本クラブの例会へ最大限ご出席いただけますようお願い申し上げます。やむなくご欠席される場合でも、徳島市内9クラブが月曜日~金曜日に例会を開いておりますので、メークアップ制度を活用し出席率の向上にご協力いただけますよう、併せてお願い申し上げます。

クラブ会報委員会

 当委員会では、クラブの活動状況や今後の予定等を会員の皆様にタイムリーにお伝えするため、クラブ会報を発行してまいります。
 例会に出席できなかった会員さまにも委員会の情報や卓話の内容など、コンパクトにわかりやすく会報として作成し発信することにより、会員相互の途切れることのない一体感の維持や相互理解を深めることを目的に取り組んでまいります。
 特に今年度は、親睦委員会の皆さまにも作成のご協力をいただき、また、プログラム委員会には卓話者へのレジメ提出のお願いもしていただき、迅速で効率的なとりまとめに努めてまいりますので、皆様のご協力・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

親睦委員会

 当委員会は、1.会員相互 2.来訪者 3.他クラブ 4.家族 に対する親睦を目的としております。例会はもとより、各種活動を通じて会員相互及び会員の家族の理解と親睦を深め、信頼できる仲間づくりと奉仕活動実践の一助となるような雰囲気づくりに努めてまいります。コロナ禍がいつまで続くか先が見えず、今までの様に出来ないこともあるかもしれませんが、クラブの結束を高め絆を深める親睦活動を行いたいと思います。例年のような活動は制限される事も予想されますので、委員会メンバーで知恵を出し合い楽しい委員会活動を行って参ります。 会長、幹事、会員皆様のご支援ご協力をよろしくお願い致します。

広報IT・雑誌委員会

 当委員会では、下記の活動を通じて、地域社会や国際社会でのロータリークラブ奉仕活動の情報発信、及び会員同士のコミュニケーション活性化に取り組んでまいります。


①ロータリー会員向けサイト(My ROTARY)への登録促進

②「ロータリーの友」の閲覧促進

③ICTを活用したタイムリーかつエコな情報提供


 会員の皆様の、ご協力・ご指導をよろしくお願いいたします。

会員増強委員会

 会員増強委員会の役割は、クラブ会員の勧誘・維持、退会防止、会員の教育にあります。現在の会員数85名を目標の下限値として、さらに当クラブに相応しい方に入会していただく事ができますよう、会員の皆様のご推薦、ご協力をお願い申し上げます。退会防止と教育につきましては、まず、クラブ活動への参加機会の増強と参加促進を図ること、また、事業承継に関わる退会や出席率の低下への適切な対処を行うこと、等につきまして関連する委員会と連携・協働して参ります。そして何より、会員の皆様のご協力のほど、何卒、よろしくお願い申し上げます。

プログラム委員会

 当委員会は、会長、幹事をはじめ、各委員会と連携を図りながら例会プログラムの企画・調整を担当いたします。卓話につきましては、会員卓話を含め、各委員会が目指される方針、視点にも配慮しながら取り組んで参りたいと考えています。

 各委員会等からの卓話者を推薦される場合の要領は下記の通りです。

  1. 卓話予定日の1か月前までに、卓話者の①お名前②演題③プロジェクター使用の有無(パソコンを使用する際は、卓話者ご自身でご用意ください)―を当委員会までご連絡ください。
  2. テーマは、ご自由にお選びください。
  3. 卓話者にレジメ(様式は問いません)を作成していただき、当日ご持参いただくようにご依頼をお願いいたします。迅速な広報作成のため、レジメを事前に当委員会にお渡しいただけましたら助かります。
  4. 例会当日は、開始10分前(プロジェクター・パソコンを使用の際は機器接続・チェックの必要時間をお含みください)を目途に、卓話者を例会場にご案内いただくとともに、卓話冒頭にご紹介をお願いいたします。

 本年度も徳島の活力を高められますよう、会員の皆さまお一人おひとりのご協力、ご支援を何卒よろしくお願いいたします。

職業奉仕委員会

 ロータリアンには、自分の職業を通じて社会のいろいろなニーズを満たすよう努力を重ねることが求められています。日常の職業活動を通して、道徳的能力の向上に努め、社会の模範となるよう奉仕の理想を活かしてゆきます。

  1. 言動は「四つのテスト」に照らしてから行う。
    ①真実かどうか
    ②みんなに公平か
    ③好意と友情を深めるか
    ④みんなのためになるかどうか
  2. 新型コロナウイルスの影響により、しばらく職場訪問例会が行われておりません。感染状況次第になりますが、開催可能な条件が整いましたら、早期のうちに実施したいと考えておりますので、会員の方々にはご協力をお願いいたします。
  3. 当委員会には、会長のご出席を戴きながら、複数回の委員会開催を行いたいと思います。宜しくお願いします。

社会奉仕委員会

 コロナ禍の社会奉仕の在り方を再考してみました。
 徳島ロータリークラブは、より身近で喫緊を要する奉仕活動をしなければならないと考えます。格差社会の拡大により貧困家庭が増加しています。そこで、特定非営利活動法人 障碍者就労継続支援施設 クレエール子供食堂の支援を主な活動していきます。クレエールは子ども食堂の運営と共に障碍者による弁当造りや販売も行っております。ロータリークラブよりの寄付と会員から募る寄付、そして、イベントへの参加、応援を通じて社会奉仕活動をしていきます。
 また、国際麻薬乱用撲滅事業、草の実学園への有志寄付を募ります。

環境保全委員会

 徳島県の気候変動対策である徳島県脱炭素社会の実現に向けた気候変動対策推進条例(すだちくん未来の地球条例)に適応し、温室効果ガス削減目標の達成に向けてクラブをあげて促進していきます。

  1. 「公益社団法人 徳島森林づくり推進機構」の取組である「森を守るパートナーシップづくり推進事業」「とくしま協働の森づくり事業」に対し積極的に参画し、社会奉仕活動へ繋げていきます。
  2. 徳島県危機管理環境部グリーン社会推進課の協力を得て、環境問題に関する情報提供を展開します。(卓話、刊行物等)
  3. とくしまエコパートナー協定締結を目指します。

国際奉仕委員会

 ロータリークラブにおける国際奉仕の目的は、「ロータリアンのあいだに、又一般の人々のあいだに理解と善意をはぐくむことがロータリーの国際奉仕の明確な任務である」とあります。この旨を具体的に遂行する活動は、より多くの青少年の方々に国際人として感覚を養い、より平和でクリエイティブな新世代の国際理解を構築することにあります。
 我々ロータリークラブは、その一助になれる場として「短期交換ステイプログラム」と「長期交換プログラム」に取り組んで参りました。しかしながら、昨年度より新型コロナの世界的なパンデミックにより中止を余儀なくされています。今年度も引き続き難しい状況ではあますが、ロータリーの理念に基づき、国際理解、親善、平和を推進していこうと考えておりますので、会員皆様のご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。

ロータリー財団委員会

 ロータリー財団は、国際ロータリーの慈善部門で、ロータリアンと支援者による自発的な寄付のみに支えられています。
 ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、人々の健康状態を改善し、教育の支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成するために活動をしています。
 ロータリー財団委員会では、社会奉仕、国際奉仕において、プログラムへの参加と寄付を通じて財団を支援する計画を立てて実施します。

  1. ロータリー財団委員会として、「財団の未来の夢計画」地区補助金を活用し、タイトル「藍の伝統的は技術の取得と新たな工業的価値のある藍の活用について学ぶ」とし藍の生産から、最終加工工程までの一貫した技術の習得めざし、やる気のある40歳以下の3名の職業研修を行います。
  2. ロータリー財団月間(11月)には、RI財団への理解を深めるために、例会を活用して、わかりやすい財団情報の提供を行います。
  3. 財政的支援として、クラブ会員一人100ドル以上の年次寄付を目標といたします。
  4. 合計10,000ドルの寄付を目指します。

米山奨学委員会

 ロータリー米山奨学金は公益法人ロータリー米山記念奨学会が行う国際的な奨学事業で、日本のロータリーの誇るべき国際奉仕活動です。多数の外国人留学生の中から大学の推薦やロータリアンによる厳正な審査を経て選出された奨学生に対し、奨学金の支給を通じて彼らの留学生活を支援しています。これらの奨学金は、日本全国のロータリアンからの寄付金を主な財源としています。
 また、世話クラブとカウンセラー制度により奨学生を物心両面でサポートし、ロータリアンと米山奨学生が積極的に交流できるよう促進しています。さらに、巣立った奨学生(学友)が将来にわたり日本と世界の架け橋となって国際社会で活躍するなど、ロータリーの理想とする国際平和の創造と維持に貢献する人材を世界に輩出してゆくこともこの活動の目的の一つです。

【事業内容】

①奨学金の支給

②世話クラブとカウンセラー制度

③ロータリアンと奨学生との交流

④国内外の学友会活動


 普通寄付一人1万円に加え、特別寄付80万円を目指します。
 10月の米山月間において、奨学生の卓話を行います。
 奨学生の地区大会への参加協力をします。
 
 今年度も会員の皆様方からの、より一層のご指導・ご協力をお願いします。

国際ファンド委員会

 世界社会奉仕活動は英語で World Community Service と記され、WCS活動と称されます。国や行政が地域社会のニーズを満たせない発展途上国や開発途上国でロータリークラブも資金の制約等で奉仕活動が実践できない場合に、援助を海外の地区やクラブに求め、2か国以上が協力して奉仕活動を行うのが世界社会奉仕活動です。
「人よりいささか運が良くて多くの恩恵に浴している身を感謝しつつただその性の拙さに泣くしかいかんともし難い者への一掬の涙を注ぐこと」に世界社会奉仕の意義があると思います。
 当委員会では、国際奉仕委員会と連携を強化など、WCS地区委員会が推進するプロジェクトに積極的に参加し、国際理解や親睦を一層深めていきたいと考えています。

青少年奉仕委員会

 次代を担う青少年の健全な育成のために、以下の支援活動を行います。


  1. 健全な青年育成ビデオを徳島市教育委員会に寄贈する。
  2. RYLAセミナーへの参加を積極的に募集し、参加する。
  3. 青少年の健全育成に資すると考えられる「E-スポーツ」事業に協力する。
  4. 徳島市女子小学生バレーボール大会へ「徳島ロータリー杯」の表彰と協力を行う。
  5. 青少年奉仕団体との交流を図る。